Skip to content

アルミリサイクル

私たちは世界中でアルミニウムをリサイクルし、循環型経済の基盤を作り上げています。

crane moving bales of crushed aluminium cans

私たちの目的は、使用済みおよび生産者発生スクラップアルミニウムを選別および再溶解するリメルト施設を通じて、より循環的な経済を実現することです。

現在、生産に使用しているアルミニウムの半分以上がリサイクルされています。

アルミニウムスチュワードシップイニシアチブのラベルを探す

Hydroは持続可能性を真剣に受け止めています。私たちは、アルミニウムスチュワードシップイニシアチブ(ASI)の下で、バリューチェーンのすべての部分のプラントを認定しています。つまり、Hydroは業界で最も持続可能な材料とソリューションに向けてお客様を導くいく、と信頼できます。

ASI_logo_colour-01.png

エネルギーバンク

アルミニウムはエネルギーバンクのようなものです。一度製造されると、無限に再利用でき、消費後のアルミニウムスクラップの再利用では二酸化炭素排出量が非常に少なくなります。

消費後のスクラップは、おそらく窓枠や缶の中ですでに「生命」を生きており、今ではリサイクルされて新しいものになっています。消費前のスクラップは通常、製造プロセスから発生し、使用されていないスクラップです。最もCO2効率の高いアルミニウム製品は、消費後のスクラップから作られた製品です。

アルミニウムの押出し材は、廃棄された時点で平均15〜20年経過しています。リサイクル後、このアルミニウムはセカンドライフを迎えます。しかし、再溶解プロセスでは、アルミニウム新地金の製造時に消費されるエネルギーの5%しか使われません。アルミニウムは、リサイクルプロセス中にその特性を失うことはありません。

1トンのアルミニウムをリサイクルすると、6トンのボーキサイトと9トンのCO2排出量を節約できます。世界的に、アルミニウムのリサイクルにより、毎年1億トン以上のCO2が節約されます。

リサイクルのための設計を学ぶ

循環型経済のために、工業デザイナー、建築家、またはエンジニアとしてどのように設計および製造できますか?検討する価値のある3つのポイントは次のとおりです。

The first is choosing a sustainable material that can be recycled when the product is no longer in use. To give an example close to home, aluminium is a sustainable material because it can be recycled and reused. It does not lose its properties after recycling and the remelting process can save energy consumption by as much as 95 percent. 

 

The second point is joining. You need to know how to join the materials, because the joining method you choose makes a difference. Why?

  • Similar materials do not need to be separated, hence improving the recycling rate 
  • In mixed-material combinations, the best joining techniques enable simple and practical disassembly and separation prior to recycling. These can be mechanical fasteners, including bolts, screws, snap-fit and interlock joints.  

The last point you should consider is repair – and reuse – of the product. Can it be repaired? By whom? Can you use the product or its materials again?

Fortunately, we are seeing more products than before being designed for easy reparation and/or easy reuse by industrial designers and manufacturing companies.  

ポッドキャスト:

製図板からリサイクルが始まります

現代の生産の最大の課題は持続可能性です。

製品の製造方法が原因で、リサイクルできない製品が多すぎます。それらを分解することは不可能であるか、高すぎるかのどちらかです。私たちは、長持ちし、リサイクルまたは再利用できるものを生産する必要があります。

材料特性(環境フットプリントを含む)と製造プロセスを理解することは、リサイクルまたは再利用を念頭に置いて、持続可能な製品を作成するのに役立ちます。