Skip to content

フィンアンドチューブ式熱交換器

入念に設計した場合、アルミニウムは、銅ベースのシステムと比較し、ほどんどの主要性能指標において優れており、コストも削減されます。現在、オールアルミニウム設計は基準として確立されています。

heat exchanger

アルミニウム合金の選択

アルミニウムを御社の製品に組み入れる際、異なるコンポーネントに適正な合金を使用する必要があります。しかしながら、最高の腐食性能を提供する合金の組み合わせを選択することは困難です。当社の持つ能力により、御社ができるだけ最高の結果を得られるようご支援します。

アルミニウムはすべての設計要件を満たす

オールアルミニウムのフィンアンドチューブシステムは、設計上のあらゆる問題を解決することができ、銅管の代替システムと比較し直接的なコスト面のメリットがあります。

  • フィンとチューブの間の電解腐食はありません
  • アルミニウムの本質的な耐性により、蟻の巣状腐食はありません
  • 銅と異なり、アンモニアシステムでも使用可能です
  • 熱交換器メーカーは、材料コストで20~25%の節約が可能です
  • オールアルミニウムは、常に簡単にリサイクルできます

管形状と合金の組み合わせ

性能と特性を様々な環境と用途に適合させるためには、適切な合金を組み合わせ、管形状と内部強化材を選択する必要があります。当社ではこの分野で御社を支援できます。

Recommended for you