Skip to content

シェルアンドチューブ式熱交換器用アルミニウム

シェルアンドチューブ式熱交換器は、主に液体およびガスの加熱または冷却の高圧用途に用いられます。御社の製品にアルミニウムの使用をご検討ください。

Industrie_ShellTubeHeatExchangers.JPG

溶接アルミニウムチューブ シェルアンドチューブ式熱交換器は、より大きい管またはシェルの内側に縦方向に配置された小径の長い管束で構成されます。用途により、シェルと管束の間の隙間を液体またはガスが循環し、冷媒として機能します。

アルミニウム管の溶接

溶接管は、押出材と比較し壁厚の種類が限られています。クラッド帯金属を使用することにより、コア合金および管の内側および外側の両方の特性を調整することが可能です。

強度が高く、腐食耐性のあるアルミニウム合金

管束の複雑な配置には、適切な取り付けとフローを確保するための厳しい公差が求められます。シェルアンドチューブ式熱交換器プロジェクトには、強度が高く、腐食耐性のある合金で極めて低い公差を達成するよう製造された、当社の溶接アルミニウムチューブのご使用をお勧めします。

オプションの被覆管壁は、優れた耐腐食性を提供します。

Recommended for you