Skip to content

ボーキサイト

ボーキサイトは主要なアルミニウム鉱石です。

red bauxite pebbles

ボーキサイトは、アルミニウム珪酸塩を含む岩が化学的に風化することにより何百万年もかけて形成される残留製品です。1821年に初めてフランスで発見され、以来世界中の多くの場所で発見されています。Hydro は、ブラジルの2つのボーキサイト鉱山の権益を有しています。

主な特徴

  • ボーキサイトが存在する範囲は広く、ほとんどがボーキサイトを生み出す強烈な風化が起こる熱帯地域にあります。しかしながら、資源は競争他社数社が独占的に保有しています
  • ボーキサイトは通常表面近くの薄い層(通常2~5メートル)または表面で見つかります
  • 世界中の生産量は約2億5,000万トンであり、過去10年間に年率5%以上の成長を遂げてきました。これは主に中国の需要増大に牽引されてきたものです

製品詳細

  • ボーキサイトは、水和酸化アルミニウムと不純物の様々な凝縮物を含んだ鉱物の混合物です。初生鉱物はギブサイト(アルミナ3水和物)、ベーマイト、ダイアスポア(アルミナ1水和物)です
  • ギブサイトを豊富に含むボーキサイトは、鉱物を含むその他のタイプのアルミナよりも低い消化温度で生成できるため好まれます
  • ボーキサイトは通常赤茶色ですが、含まれている鉄鉱物の種類や凝縮により、白色、褐色および黄色である場合もあります。また様々な質感を持ちますが、よく見られるものは鈍いものからツヤのある土のような外観で、粘土や土壌のように見えます

用途

  • 冶金目的のアルミナ
  • 研磨材
  • セメント
  • 化学的用途

Recommended for you