Skip to content

押出管

押出工程は、鋼片を過熱し、金型の開口部の形状へと押し出すアルミニウム形成の工程で、1アルミニウム鋼片から最高で5キロメートルの押出材が生産されます。

extruded tubes

金型の開口部と同じ形状で押出工程から出てきた後、チューブは渦巻き状に巻かれます。製品仕様に従い、亜鉛、Hycot、フラックスなどの塗装を施し、チューブの性能を高めることもできます。

押出管はお客様の特定要件を満たすよう、高精密かつ極めて低公差で製造されます。

Recommended for you