Skip to content

溶接管

溶接管は、アルミニウムを平坦なストリップに成形し、さらにその端を高周波溶接により接合することにより製造されます。

stack of welded tubes

押出管と引抜管の主な違いは、異なるアルミニウム合金の複層材料使用の可能性です。クラッド層は、熱交換器製作用のチューブにおいて、炉内ロウ付けまたはトーチろう付けを可能にし、腐食耐性を与えるために幅広く使用されています。

強度と成形性が重要な要因となる工業用途には、非常に優れた寸法安定性の5xxx-シリーズ合金を使用できます。

自動車用途

  • ラジエーターおよびヒーター用の平坦楕円形チューブ
  • 充電エアクーラー用の長方形チューブ
  • 厚肉のオイル冷却装置
  • 熱伝導性を向上させるためのディンプルまたはタービュレーターなどの内部強化装置
  • モバイル式 A/C コンデンサー用ヘッダー/マニフォールド
  • バッテリー冷却装置用ヘッダー/マニフォールド
  • コネクターライン用小径管

HVAC&R 用途

  • 据え置き型コンデンサー用ヘッダー/マニフォールド
  • 高熱伝導性能のインナーグルーヴチューブ
  • 機械的に拡張された熱交換器用被膜付き返しベンド

工業用用途

  • ハシゴと足場
  • チャイルドケア、庭、森林、整形外科機器、スポーツ、冒険用特別チューブ
  • 淡水化
  • 表面処理(陽極酸化または塗装など)

Recommended for you