Skip to content

摩擦攪拌接合

世界初の企業として、1996年に摩擦攪拌接合(FSW)を接合方法として工業規模での生産を開始しました。今日、私たちはFSWの産業利用の世界的リーダーであり、最大18メートルの長さと3.5メートルの幅のアルミニウムパネルを顧客に提供することができます。

Friction stir welding in aluminium by Hydro Finspång
Friction stir welding - creating big aluminium panels

摩擦攪拌接合のいくつかの利点

  • 完全に気孔のない、漏れのない、高密度の接合部を高強度で提供する簡単なプロセス。
  • 材料への熱の影響を最小限に抑える。商品と平らな面のわずかな熱応力のみ。
  • 良好な機械的特性。生産には、狭い範囲の公差を可能にし、簡単に制御できる変数がほとんどない。
  • 非常に優れた再現性と自動化に最適。

摩擦攪拌接合は、圧縮強度と気密性が要求される部品の溶接を可能にする方法です。この方法により、屋根や列車の側面など、押出しが困難または不可能な幅の広いパネルを作成できます。この技術は、液体ヒートシンクなどのさまざまな種類のアルミニウムコンパートメントを密閉する時に、漏れのない接合部を得るという点でも優れています。

ワークピースはソリッドステートで結合されます。 FSWを使用すると、回転ツールが接合面に圧力と摩擦熱を発生させ、金属が混合して最高品質の接合を形成します。接合部に最も近い商品の温度は、ほんの一瞬で最大500°Cになり、その後急速に冷却されます。低温とは、従来の融接とは異なり、融点を超えないことを意味します。

FSWはまた、溶接のまぶしさ、煙、オゾンの形成が完全に排除されるため、従来の溶接形式と比較して作業環境を改善します。スチールブラッシング、研削、中間ストリングクリーニングは必要ありません。

FSW法は、介在物や汚染物質のない高い強度の接合部を提供することが示されています。引張試験では、溶接部にほぼ完全に応力がかからないことが示されています。 “Det Norske Veritas”は、列車および船舶用途での要求の厳しいソリューション向けのFSWプロセスを承認しました。

アルミニウムパネルに摩擦攪拌接合技術を使用する利点の詳細

摩擦攪拌接合(FSW)を使用する利点–摩擦攪拌接合とは何ですか?

摩擦攪拌接合(FSW)により、コストとリードタイムが削減されます。

摩擦攪拌接合は大量生産に適しています。

摩擦攪拌接合

Recommended for you