Skip to content

デザインサービス

アルミニウムの無限の物語は、製図板から始まります。

Two persons discussing an extruded profile

循環型経済の鍵は、すでに設計段階にある製品のライフサイクルを計画し、長持ちし、使用しなくなったときに分解してリサイクルできるリサイクル可能な材料で製品を設計することです。

お見せするために、デザインブリーフとして持続可能性を備えた椅子を作ることにしました。

 

アルミニウムは100%リサイクル可能な材料であり、リサイクルされたアルミニウムの製造には、アルミニウム新地金の製造に必要なエネルギーの5%しか必要ありません。

Chapter 1_Infographic_1.png

したがって、消費後のすべてのアルミニウムスクラップが何度も循環ループに戻る可能性があることを確認する必要があります。

消費後のアルミニウムスクラップは無制限のエネルギーバンクのようなものであり、循環型経済の将来において重要な役割を果たします。

アルミニウムの永遠の命

消費前のスクラップは通常、製造プロセスから発生するスクラップであり、再溶解するまで使用されたことはありません。

消費後のスクラップは、すでに「生命」を生きてきたアルミニウムであり、おそらく窓枠や缶の中にあり、現在はリサイクルされて新しいものになっています。最もCO2効率の高いリサイクルアルミニウム製品は、消費後のスクラップから作られた製品です。

Illustrating cycle from pre consumer to post consumer scrap via new consumer products such as bicycles or beverage cans

ご存知でしたか?

これまでに生産されたアルミニウムの75%が再生使用されています

Recommended for you