Skip to content
generic illustration

アルミニウムがMAHLE Behrのエンジンを冷却する方法

エンジン冷却または乗客用コンパートメントの暖房の基本は過去50年の間にそれほど変化していませんが、技術的進歩には目を見張るものがあります。「エンジニアにとっては非常にエキサイティングです」とMartin Bauerは話します。

Bauerは、米国ミシガン州トロイにあるMAHLE Behr USA Inc.のエンジン搭載コンポーネントの開発部長です。「現在弊社は、軽量の最適設計により業務効率を向上させています」と彼は話します。「つまらないと思った日はありません。」

空調熱交換器の製品開発責任者を務めるPerry Paladinoは、過去半世紀における主な業界の変化の1つを指摘します。つまり、銅は時代遅れとなったということです。現在、すべてがアルミニウムです。

アルミニウムのメリット

  • 優れた熱特性
  • 薄壁による重量軽減
  • 腐食耐性
  • 製造プロセスでの柔軟性

ブレージングは、アルミニウムが実力を発揮するもう1つの分野であるとPaladinoは話します。このプロセスでは、凝縮器、蒸発器またはヒーターコアのコンポーネントがアルミニウム合金を使って結合されますが、その融点はコンポーネントよりもかなり低くなっています。

ハイブリッド車と電気自動車

MAHLEは、熱管理におけるグローバルな大企業であり、ラジエーター、蒸発器、凝縮器、空調を含む車両向け熱交換器を開発、製造しています。その熱交換器の大半はすべての主要自動車会社の乗用車に搭載されます。例えば、ゼネラルモーターの拡張レンジである電気自動車Voltのバッテリーの冷却に使用されている製品などです。

同社はハイブリッド車や電気自動車による最新の設計課題へ対応するなど、同社の製品開発を支援できるサプライヤーを求めています。また、Bauerはコアコンデンサ技術と類似の新しい全アルミニウム熱交換器が搭載されたトランスミッション冷却市場の成長にも目を向けています。

Recommended for you