Skip to content
Ravi Chidambar holding a heat exchanger

アルミニウムは、成長中のインドの自動車産業での主力

インドの自動車バイヤーが最初にまず行うことは、空調のスイッチを入れ、車の温度が即時に下がるかを確認することです。Tata Toyo Radiator Ltdの最高経営責任者であるRavi Chidambarは、「高速冷却が可能な熱交換蒸発器を設計する必要がある」と述べています。

機械工学士として火力発電と熱工学で修士号を有するChidambarは、熱交換システムに対する情熱を持っています。また、熱交換システムにおいてアルミニウムの果たす役割について高い関心を持っています。

彼は、軽量かつ優れた熱伝導性に加え、様々な合金層に対するアルミニウムの従順性にメリットがあると考えています。

設計上の柔軟性は重要な属性

「熱交換システムの設計者は、発展と経験により熟練します」とRavi Chidambarは話します。「ソリューションは教科書にはありません。用途に基づきます。実践をもって学び、改善し、何回かの試行錯誤の後に最終製品が出来上がるのです。」

自動車には20から25の熱交換器が搭載されています。Tata Toyo Radiator Ltd.はこのうちの約3分の1を製造しており、さらに多くの製品を開発中です。

「より薄く、かつ強度の高いアルミニウムに対するお客様のニーズにより、軽量で強度の高い、より優れた合金、より優れた材料を継続的に開発し、改善することが(アルミニウムソリューションサプライヤーにとっての)課題となっています」と彼は話します。 

Recommended for you