Skip to content
interior of a linked mass transit train carriages

フローティングフロアで電車内を快適に

アルミニウムと複合材を組み合わせた「フローティングフロア」により、電車で移動する乗客の快適感が増大します。

Hydroとオーストリアの会社Getzner Werkstoffeは、素材に関する専門知識を組み合わせることにより、ノイズレベルを低下させ、振動緩和を最大にする軽量かつ薄肉のフロアを開発しました。Hydroのアルミニウム押出はフロア構造に弾性軸受を提供し、ポリウレタンのコアSylomer®は列車客室の内側の車体から振動が伝わるのを防ぎます。 

特別構造のアルミニウムプロファイル

この床には、Sylomer®コアの周りの特別構造のアルミニウムプロファイルが使用されています。このタイプの構造では、ベース部分のプロファイルと直接関係なく、フロアリングの上部が動くようになっています。複合材のコアのみが構造の2つの主要部分に接続しています。

技術面でのメリット:

  • 組み立てが簡単なアルミニウムプロファイルにより処理時間が短縮
  • アルミニウムプロファイルを顧客ニーズに従い再設計
  • 薄肉フロア
  • 列車車両の公差を補正
  • 効率的な振動緩和のためのポリウレタンSylomer® インレー
  • 列車車両内のノイズレベルの低減
  • 火災時の安全基準を満たし、衝突被害を軽減

Recommended for you