Skip to content
Classic london cab

ロンドンのゼロエミッションタクシー用アルミニウム部品

London Electric Vehicle Companyは、新しいゼロエミッションタクシーを改良するため、先進の軽量アルミニウム部品を使用しています。

London Electric Vehicle Company(LEVC)は、ロンドンの道路上を走行する古いディーゼルモデルに代わるハイブリットタクシー(TX eCity)の製造を行っています。

オールアルミボディ構造

新しいTX eCityのオールアルミボディ構造(フレーム)は、熱硬化接着剤を使用して接合されます。「一点ではなく、接合部全体に密着し、しっかりと結合されるため、車両の強度が向上します」と、LEVCの構造担当チーフエンジニアであるChris Stauntonは述べています。

航空宇宙やスポーツカーでは、同様の技術が20年以上使用されていると同氏は述べています。

優れたエネルギー吸収、より安全なタクシー

Hydroは、2017年10月に買収した押出成形ソリューションを提供するSapaを通じて、TXプロジェクトの開発段階でLEVCと協力し、車両の主要部品を供給しています。 

TX eCityのアルミ製フレームは、従来のタクシーのフレームよりも30%軽量です。軽量化により、車両の性能が向上し、電気エンジンの範囲が拡大します。

同じ重量で比較すると、アルミニウムは軟鋼の2倍のエネルギーを吸収し、衝突時に発生する力を軽減します。これにより、LEVCの新しい電気タクシーはこれまで以上に安全となります。

LEVCは、北極圏からのアリゾナの砂漠までの環境でTX eCityの試験を実施しました。

Recommended for you