Skip to content
offshore rig

他とはまったく異なるオフショアプロジェクト

Rowan Norway のオフショア掘削リグ用のSystem 2000 Groupのアルミニウム押出ベースの用途の背後にあるのは、成功だけではなく、インスピレーションを与えるストーリーです。掘削作業中に従業員を保護し、100%の掘削生産性を可能にします。

開発プロセスでは、まず、Rowan Norway掘削リグの自動水平ローラーシャッタードアの設計・製造のため、System 2000 Group (S2G) は、アバジーンのRigmar Servicesからコンタクトを受けました。設置が完了すると、システムにより、オフショアでの取り付けによりゼロダウンタイムでのリグでの掘削が可能となり、掘削作業中に下のデッキにいる作業員を保護します。

Hydroは、押出設計での支援の相談を早期の段階で受ける

石油・ガス部門へのプロジェクトおよびサービスプロバイダーである Rigmar Servicesは、「ムーンプール」エリアを完全に囲い込むことができるシステム提供の依頼を受けました。これはリグが海にアクセスすため掘削パッケージが主要デッキを貫通する場所です。最終設計における主な機能は、リグの様々な作業レベルから、作業員がいる下の設備に落下することを防止することです。

閉鎖のない場合、リグは上方と下方の作業を交互に行う必要があり、油井の抽出の生産性の低下につながります。しかし、「ムーンプール」が閉じられることで、作業員は怪我の心配なく、上方と下方で作業を続けることができます。

設計と最適化

Hydroは、プロファイルデザインと最適化段階に密接に関与しました。S2Gのエンジニアが25以上の試行パターンを設計し、数式モデルを使って理論的に試験した後、Hydroはプロジェクトのラスセクションに関するS2Gの承認を得るため、押出ダイスとツール設計の開発プロセスを統合しました。

またHydroは、理論的なモデリング専門知識を活用し、有限要素解析調査実施の委託を受けました。実際の試験前に、Hydroは実際の落下テストを動的にシミュレーションするための3Dモデルを作成しました。衝突シミュレーション用に自動車業界で頻繁に使用されるプログラムである非線形・動的・流体構造連成シミュレーションツール(LS-DYNA)が使用されました。

完全に独自のラスセクション

これらの所見に基づき、お客様は、実績ある設計に基づいた製造段階に進むことに意欲を示し、数トンの完全に独自のラスセクションが納期通りに納品されました。

S2Gはライブ落下試験を計画し、Rigmar Services、Rowan Drilling、Conoco Phillips、DNVの立ち会いの元に実施しました。「スーパーラス」の水平シャッターは、特定された限度を遥かに超えて試験に合格し、朝までには、このシステム成功のニュースは、はるかヒューストンにまで伝えられました。

安全かつ生産的

設置された「ムーンセーフ」システムはRowan Norwayで好調に稼働し、100%の掘削生産性を達成しています。安全衛生と掘削生産性に的を絞ったメリットに加え、一般的な労働環境でも大きな進歩が見られます。北海では、夜のシフトでは「ムーンプール」内の温度は氷点下となる場合がありますが、ローラーシャッターフロアにより、これまで開口していた部分が閉じられ、吹き上げる通風と厳しい天候を締め出すことにより、これが緩和されました。

「Hydroの押出設計エンジニアと仕事をすることで、弊社は必要なタスクを成し遂げられる世界初のスーパーラス水平シャッターを生産することができました」とS2GのJohn Rowleyは話します。

Recommended for you