Skip to content
residential buildings, light poles and palms

外観と機能性を兼ね揃えたザンジバルの照明ポール

ザンジバルにおける開発プロジェクトの適切なソリューションにより、Fumba Townに新しい輝きがもたらされています。全アルミニウム製の照明ポールは、青い細長い照明で夜の街を明るく照らし、まるでカーニバルのような雰囲気を醸し出すと同時に、必要な機能性も提供します。

ザンジバルはインド洋にあるタンザニアの半自治区の島です。Fumba Uptownプロジェクトは、島の南西地域のFumba Townにある、メナイ湾を臨む都市開発です。

プロジェクトの目玉は、100万平方メートルの新しい居住スペースです。プロジェクトには商業スペース、グリーンスペース、レクレーションエリアの開発も含まれています。

クライアントは、プロジェクトのための機能性と魅力を持つ街灯を見つけることに責任を負っていました。機能性と個人的なレベルでの美観を兼ねた照明設計への総合的アプローチが取られました。

機能的かつ魅力的な全アルミニウム照明ポール

鋼鉄の芯のアルミニウ照明ポールを生産するドバイの地元会社を最初に確認した後、クライアントはMetro Smart International (MSI) の話に耳を傾けました。同社は、中東で全アルミニウムポール製品を取り扱うHydroの提携企業です。 

アルミニウムによる無限の設計オプションは、クライアントにとって嬉しい驚きでした。

コスト意識の高いプロジェクトチームは、代替ソリューションにはかなり高い価格を予想していました。とりわけ、全アルミニウムソリューションは非常に素晴らしいものだったためです。彼らはMSIのネオクラシカルデザインを特長とする、シルバーとゴールドの10メートルの高さのポールに魅了されました。さらに細長い青いライトが加わり、まったく文句なしでした。

なぜならクライアントの主な関心は、観光客と居住者のリゾートエリアとしての開発を通じて、Fumba Townの高級化と美観の向上することにあったためです。全アルミニウムの街灯ポールはまさに打ってつけでした。

強靭なアルミニウムの特性

機能面でのアルミニウムの使用に関する問題はありませんでした。海岸地域では、軽金属はまさに用途に適切な金属であることは明らかでした。

ポールは塩気と湿気のある地域においても長持ちし、メンテンスも最低限で済みます。また、陽極酸化すると、ポールはホースで洗浄するだけで済みます。腐食も問題ではありません。

クライアントはHydroの「品質を損なうことなく、予算に合うようポールを技術的にエンジニアリングする」能力に感銘しました。

Fumba Uptownの開発地域全体に、シングルおよびダブルアームのソリューションの照明ポール約700本が設置されています。

Recommended for you